ITTEKITA - 行ってきた

行ってきた旅やお出かけスポットをお勧め情報を交えて紹介してます。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに行ってきた。サウスタワーのプレミアムオーシャンルームは居心地満点。

関東は梅雨明けの兆しもない7月中旬、夏真っ盛りの沖縄に行ってきました。宿泊したのはシェラトン沖縄サンマリーナです。

 

 

シェラトン沖縄サンマリーナ

以前は「サンマリーナホテル」でしたが2016年に大幅改装して「シェラトン」ブランドに名を変えました。

もともと恵まれた立地に加えて、新客室棟ウェルネスセンター(屋内プール、大浴場、フィットネスジム、スパ、ビーチバー)、ウェディングチャペルなど施設が増築されてより魅力的なホテルに生まれ変わっています。

場所はこちら。近隣にもオンザビーチホテルが立ち並ぶビーチリゾートゾーンです。

 空港からはシャトルバスが便利

空港からのアクセスはシャトルバス「リゾートライナー」が便利でお得です。

ホテルの目の前にバス停「サンマリーナビーチ前」があるので荷物があっても苦になりません。

Webでも予約できるし、空きがあれば予約なしでも乗車できます。

さらに、往復で利用するなら2回乗車券がお得です。

「2回乗車券」はコンビニ(ファミリーマート「ファミポート端末」)で販売しているので、当日でも乗車前にコンビニで購入できます。

路線バスもありますが、空港からだと倍近く時間がかかるので、少し待ってでもシャトルバスを利用するのが時間が無駄になりません。

 

実際に行ってきた

チェックイン

チェックイン時刻より少し早めに到着してしまいましたが、(Marriott Bonvoyのメンバーだから?)部屋が準備できている、とのことで入れてもらえました。

このホテルにはクラブラウンジは無いので、Marriott Bonvoyのエリートメンバーでもエントランスのレセプションでのチェックインとなります。

 

客室

Marriott Bonvoyのエリートメンバーだったので、(と言うよりも、空いていて運よく)新規増築された「サウスタワー」のプレミアムオーシャンルームにアップグレードして頂きました。

とても良いお部屋で驚きました。サンマリーナさん、ありがとうございます!

一歩踏み込んで思ったのが、まず「広い!」「バスタブが見える!」

f:id:stage7:20200831135604j:plain

遊び心あるバスタブを中央に配置した作りで、ホテルならではの「非日常感」を存分に味わえます。

f:id:stage7:20200831135611j:plain

タイル張りの壁面間接照明、とても手が込んでます。

f:id:stage7:20200831135650j:plain

ツルツルピッカピカのバスタブ、大きくて立派です。この部屋の主役と言って良さそうです。

f:id:stage7:20200831135654j:plain

奥にはシャワーブースもあります。

f:id:stage7:20200831135614j:plain

バスタブの手前、客室との間はスライド扉で閉めることができます。

f:id:stage7:20200831135626j:plain

そのままベッドになるであろうソファーが立派です。大人でも十分寝れます。

f:id:stage7:20200831135633j:plain

さらに、壁面から引っ張り出せる壁面収納ダブルベッド(業界では「マーフィーベッド」と言うそうです)まで!

f:id:stage7:20200831135622j:plain

この部屋の定員は4名だそうですが、どのベッドも十分な大きさと品質で、みんなで気持ちよく眠れそうです。

逆に言うと ベッド4つ入れても余裕のある広い部屋、と言えますね。

コーヒーマシンも完備です。

f:id:stage7:20200831135630j:plain

天井にはシーリングファンが。間接照明天面の作り、垂れ下がるランプなど、随所随所がとても凝っていますね。

f:id:stage7:20200831135645j:plain

個人的に嬉しいのがディアハブ (Bluetooth, HDMI, USB)です。

スマホHDMIで繋いでオンデマンドビデオを大画面で見たり、Bluetoothで繋いで音楽を聴いたりと、まるで自宅にいるかのように快適に過ごせます。

f:id:stage7:20200911093906p:plain

 

バルコニー

サウスタワーは全室バルコニー付きで、(一部を除き)マリーナが目の前に見えます。

f:id:stage7:20200831135641j:plain

高階層だったので、マリーナの向こうのビーチやホテルまで見晴らしが良いです。

f:id:stage7:20200831135637j:plain

バルコニーのチェアはリクライニング式なので、ゆったり寝そべって寛ぐこともできます。

f:id:stage7:20200831140141j:plain

クルーザーの向こうには真っ白なチャペルが、その向こうには光り輝く海原まで見えます。

ラウンジ

クラブラウンジはありませんが、サウスタワー宿泊者はタワーの1階にあるラウンジでソフトドリンク(セルフサービス)を無料でいただく事ができます。

f:id:stage7:20200831140842j:plain

ちょっとした休憩スペースもあります。

ラウンジの他にも、サウスタワー宿泊者には以下の特典があります。

  • 滞在中リゾートパス(ウェルネス&スパ「ぬちぐすい」)が無料
  • 部屋のミニバーが無料(2日目以降の補充は無し)
  • サンセットバー&テラスでハッピーアワーのドリンクが飲み放題
  • 朝食をランチへ無料で変更可能 (朝食付プランの場合のみ, メニューに制限あり)

(2020年夏の情報です。最新情報はホテルHPでご確認ください)

いい事ずくめのサウスタワーですが、ビーチやウェルネス&スパからちょっと遠い事だけが難点ですね。でもその難点を遥かに上回る快適さでした。

1Fのラウンジ前にタワーの専用玄関もあるので、住んでいるかのように快適に過ごせます。

 

ビーチ

オンザビーチホテルなのでプライベートビーチもあります。防波堤で囲まれているので安心して遊泳できます。 

f:id:stage7:20200831140158j:plain

リゾートパスがあれば、ビーチのチェア&パラソルは無料で利用できます。

f:id:stage7:20200831140201j:plain

 

屋外プール

ビーチの脇には屋外プールもあります。併設するウェルネス&スパ「ぬちぐすい」の脇にテイクアウトのカフェがあるので、喉が渇いたり、小腹が空いた時に便利です。

f:id:stage7:20200831140833j:plain

ホテルのアクティビティの目玉が、屋外プールの上からスタートして海を越えて防波堤まで伸びるジップライン

f:id:stage7:20200831140837j:plain

なんとジップラインで滑空する真横をドローンが並行飛行して撮影してくれるそうです。

よくある「アクティビティの記念撮影」もここまで進化したのですね。現時点ではとても魅力的な差別化になりそうです。

 

ウェルネス&スパ「ぬちぐすい」

ウェルネス&スパ「ぬちぐすい」にはスパ、屋内プール、大浴場&サウナ、家族風呂、フィットネスジムがあります。

こういった施設が充実していると、シーズンオフでも訪れたくなりますね。

今回は大浴場とフィットネスを利用しましたが、どちらも新しくて綺麗でした。

フィットネスジムはご覧の通り、目の前にビーチを見ながら汗を流す事ができます。

f:id:stage7:20200831140846j:plain

このフィットネスジムだけは、リゾートパスが無くても全宿泊ゲスト無料で利用できるようです。

 

外来利用も可能

サンマリーナのビーチとプールは宿泊客でなくてもビジター利用が可能です。

リゾートパスを購入(ビジター料金:¥5,000/大人)すると、以下の施設が利用できるようです。

  • 屋内プール、屋外ガーデンプール、ウォータースライダー、ロッカー、シャワー、タオル、「パラデッキ」セット (パラソルx1 & チェアx2)  ※大浴場およびシェラトンフィットネスジムは利用不可

那覇のシティホテルに宿泊して高級ホテルのプライベートビーチを日帰りで満喫、なんて楽しみ方もありますね。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

「スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード」を持っているとマリオット系列のホテルお部屋のアップグレードレストラン割引など特典が沢山。マリオット系のホテルなら世界中どこでも特典が利用できます。
下記の紹介リンクよりカードを申し込み頂くだけで、今なら66,000 ボーナスポイントを得られます。ご興味ある方はどうぞお気軽ご利用ください。(※紹介者に個人情報は一切伝わりません。)